ゴミログ

あの千葉大学の学生です。

『法学学習Q&A』書籍化特別ゼミに参加してきました #法学学習QA

 

みんなおはエコ!ゴミクルーン (@DustCroon)です。

 

今日は…

 

 

Twitterでも紹介したとおり、有斐閣さんの『法学学習Q&A』書籍化特別ゼミに参加してきました。

細かい会の内容は上記のまとめをご覧になっていただくとして、今日はゼミの感想とか今まであまり触れなかった自分の法学学習の話とかします。

 

 

なぜ参加したのか

そもそもなんで今更大学4年生が参加しているんだとか、ロー入試はどうなったとか色々あるかと思いますが、

自分なりに4年間単位を落としつつも、法政経学部生として色々と法学学習の方法論を試行錯誤をしてきた中で、答え合わせのようなものがしたかった次第です。

 

というのは建前で、このゼミを担当される先生が全員ツイッタラだったんですよね。

法学ってなんか堅いイメージあるじゃないですか?「有斐閣」とか画数多いし(すみません)

けど、ネット発でこういうイベントをやると、どんな化学反応が起こるんだろうという好奇心から参加した次第です。

基本的にオフ会とかそういうネットとリアルが混ざる系イベントは苦手なのですが、自分からアカウントを名乗らなければバレないだろうと思いつつ自己紹介したら秒でバレました。いつもご愛顧ありがとうございます。

 

 

ゴミクル式法学学習メソッドとは

具体的にどんなゼミになったのかはまとめを読んでいただき、書籍化をお楽しみにということで、

ここでは、自分がこの4年間で会得した法学学習メソッド的なものを紹介します。

 

法学学習メソッドといっても、あくまで学部の講義〜期末試験レベルでの話です。司法試験とか予備試験とかのは合格した時に偉そうに書こうと思います。

あと、以下の内容が効果あるかは個人差があると思います。もしやってみてダメだからといっても怒らないでください。

 

自分の法学学習は端的にいえば『省エネ』を第一に考えてきました。

というのも、自分はキャパがそんなに大きくないので、無理に詰め込もうとするとだいたいパンクして諦めてTwitterに逃げてしまうのですね。

そんな性格の自分が、どうしたら講義と試験を乗り越えられるか、というのを考えたら、省エネを目指すという結論に至りました。

 

ただ、省エネといっても漠然としすぎるので、具体的にどういうことに気をつけたかというとこの三点です。

・最初から丁寧にやらない

・優先順位をつける

・反復とアウトプット

 

・最初から丁寧にやらない

意外とこう見えて根は真面目でいいヤツなので、何かに取り掛かろうする時、最初から丁寧にやろうとなるのです。日記も最初の数ページだけ綺麗に書かれてます。

もちろん、最後まで丁寧にできるのが一番ですが、なかなかそうは行きませんよね。

それに、法学は特に何度も読み直してみるとかの方が、学習効果は高そうなので(3つ目で詳述)

とりあえず肩の力を抜いて取りかかってみるくらいの省エネが良いと思いました。

 

・優先順位をつける

やる内容・問題などに優先順位を振っていくことも効果的だと思いました。

時間は残念ながら有限です。

完全に趣味として勉強するなら関係ありませんが、ある期間までに試験やレポート等で一定の成果を出すことが求められている場合には、優先順位の高いものからやっていくことは、省エネと言えると思います。

じゃあどうやって優先順位を見分けるの?って話ですが、過去問やレジュメ、先生の話、問題を作ってみる(作りやすければ出題の可能性が高い)などがおすすめです。

 

・反復とアウトプット

 上2つは、基本的にはそれだけでは、丁寧じゃないとか、優先度によってクオリティが上下するという点で、不安定なやり方といえます。

そうした不安定さをどうやってフォローするかということで、反復とアウトプットが大事だなと思いました。

答案を書いてみるなどアウトプットをすることで、今の自分にはどこが欠けているのかを見える化させることができます。

そして、反復させることで、丁寧になっていき、優先度の低いものも手が回っていくようになります。

 

ということで、こんな感じのことに注意を払っていくと比較的無理せずに、学習を進めていけるなと思いました。

逆に、自分が今勉強するのがしんどいとか、辛く感じるときは

・最初から丁寧にやろうとしていないか

・優先順位はついているか

・反復とアウトプットができているか

といった点を振り返ってみると、だいたいどこかをやらかしてしまっている場合が多かったです。 

 

いかがだったでしょうか。

今日の内容や法学学習Q&Aで紹介されているものと重複する点もありますが、まずはこの3点を気にしてみるともしかすると法学学習の見え方が変わるかもしれません。変わらなかったらすみません。

 

 

 

 

参加した感想とか

自分はこんな感じで、あまりゼミ自体について言及していませんでしたが、普段なかなか知る機会のない他大生の学習や大学自体の話、先生の法学についての本音などなど、色々と聞くことができて、すごく有意義な時間でした。

 

あとはやっぱりTwitterが中心になってゼミが進行したというのが個人的には楽しかったです。

まとめの方を読んでもらっても感じてもらえるかもしれませんが、参加者が今どういうことに反応しているのか、リアルでは言ってないけどどう思っているのか、とかが可視化されて、初対面なのに参加者間の結束力がすごく強かった気がします。「スタバなう」とかしょうもないこといってすみません。

 

個人的にはまたやってみたいというか、実際の各科目のゼミとかでやってみても面白いことになるんじゃないかと思っています。有斐閣さん企画期待してます!!!